吉高由里子の歴代彼氏まとめ!男好きな性格不思議ちゃん”は胸はBカップで小さいけどかわいい!

実生活はタラレバじゃない恋多き女性・吉高由里子

歴代彼氏も調べてみた

話題のドラマ【東京タラレバ娘】の主人公、
鎌田倫子役を好演した吉高由里子さん。

吉高さんといえば、
実生活では数々の恋のウワサが絶えない芸能人女性の一人。

ドラマでは結婚できないアラサー独身女性を演じましたが、実生活は・・?

吉高由里子さんの魅力と実生活の恋のウワサに迫りました。

吉高由里子さんのプロフィールご紹介

吉高 由里子
本名:非公開
生年月日:1988年7月22日(2017年2月現在:28歳)
血液型:O型 左利き
出身地 :東京都
趣味:音楽鑑賞、絵を描くこと
所属事務所:アミューズ

デビューのきっかけはスカウト!

幼さが残ってて

とてもかわいらしいデビュー当時★

高校1年生の時に原宿で買い物をしていた時に芸能事務所のウィルコーポレーションにスカウトされ芸能界に入る[4][5]。スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという[5]。その後、当初の所属事務所ウィルコーポレーションがアミューズに吸収合併されたことにより、アミューズ所属となった。

吉高さんは最初にスカウトの女性から
声をかけられたとき、万引きGメンと思ったそうです。

デビュー作は2006年【紀子の食卓】。
この作品で吉高さんは見事、横浜映画祭最優秀新人賞を獲得しました。

吉高由里子のスリーサイズは!?

まず、スリーサイズは

B85 W63 H88

とのことです。

身長は158cmと公開されています。

見た目にも華奢なイメージは強いですね。

吉高由里子の気になる本名・・在日って本当!?

吉高さんは本名をデビュー当時より「非公開」としていますが、
インターネット上では「早瀬 由里子」が本名とウワサされています。

演技力半端ない!吉高由里子さんの代表作

吉高さんはデビューより数々のドラマや映画に出演しています。
その演技力は定評があり、ヒット作にも恵まれています。

そんな吉高さんの代表作の数々をご紹介していきます。

吉高由里子といえばこれ。【蛇にピアス】。

キャッチコピーは「19歳、痛みだけがリアルなら 痛みすら、私の一部になればいい。」

このキャッチコピーも衝撃的でしたが、作品は更に刺激的でしたね。
初ヌードや絡みにも挑戦してまさに体当たりした作品でした。

【蛇にピアス】の撮影前、
吉高さんはあるアクシデントに見舞われ、重傷を負っていました。

2007年9月に交通事故に遭って顎の骨を折る重傷となり入院した。オーディションで『蛇にピアス』の主演が決まった数日後のことだった

「あの頃の私は人間的にとんがっていたし、人に感謝することも知りませんでした。お前は一度、痛い思いをしないと分からないと、ああいう事故の経験が与えられたんだと思います」と語っている

デビュー当時よりとんとん拍子で女優への階段を駆け上がってきた吉高さんにとって、このアクシデントは自分を振り返るきっかけとなったそうです。

その後、無事に撮影が終わり【蛇にピアス】で
第32回日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞新人賞などを
受賞し、一人前の女優へ仲間入りを果たしました。

【東京DOGS】でヒロインに抜擢!

2009年10月スタートの【月9】

「東京DOGS」。

主演 小栗旬 水島ヒロ

事件のカギを握る謎の女性「松永由岐」役。
記憶喪失という難しい役も難なくこなしました。

【美丘-君がいた日々】で初主演へ

2010年7月スタート

土曜夜9時からの連続ドラマ

難病のヒロイン【峰岸美丘】役で初主演へ。
主人公の美丘は奔放で物怖じしない性格。

吉高さんにぴったりのキャラでしたね。

【ガリレオ】で福山雅治さんと共演・・けれど

ガリレオの2代目ヒロインに抜擢されたましたが、
このドラマ、評判はイマイチ、、

吉高さんのキャラについて批判が殺到し突然キャラ設定が変わってしまったほど。「奔放キャラ」はこのドラマには不向きだったようです。

NHK連続テレビ小説 【花子とアン】

赤毛のアンの翻訳者、村岡花子の半生を描いたドラマ。
主人公の花子が左利きだったので、役に合わせて自分も
左利きに徹したというストイックぶり。

このドラマが放映された2014年、紅白歌合戦の紅組司会者も務め
まさに大活躍した1年でした。

吉高由里子の歴代彼氏は!?

イケメン揃いの恋愛遍歴

恋愛報道で度々メディアを賑わせ
恋多き女のイメージが強い吉高さん。

そんな吉高さんの華麗なる恋愛遍歴をご紹介します。

玉木宏

2009年に放送されたドラマ「ラブシャッフル」の
共演がきっかけで交際がスタート。その後青森でのデートや
アイアイ傘での手つなぎデートが目撃されましたが、
吉高さんの仕事が軌道に乗り始めた2010年に破局。

破局の原因はすれ違いとウワサされています。

尼川元気(flumpool)

玉木宏さんと破局後、続いてウワサになったのは
人気ロックバンドグループ「flumpool」のベーシスト尼川元気さん。

音楽番組で共演し、吉高さんから猛アプローチの末交際がスタート。
事務所も同じ「アミューズ」だったことからウマもあったのでしょうか。
居酒屋デートをスクープされ交際が発覚しましたが、1年位で破局となりました。

二宮和也(嵐)

2011年公開の映画「GANTZ」での共演がきっかけとなり
熱愛報道されました。撮影現場でもいちゃついているところを
何度も目撃され、つきあっているのでは・・?という噂が流れた模様。

真相はただのウワサで、実際につきあっていたというわけではなかったようです。

生田斗真

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事