声優・逢坂良太は鈴木福くんに似すぎであだ名がジャイアントベビー”だった!性格はドS?

癖のない主人公ボイスで主演作品多数の超人気声優!

鈴木福くん似のベビーフェイスで性格はドS?

逢坂さんは2010年から活動をされている声優さんです。透き通った高音と力強い低音が素敵で全く癖のない主人公ボイスが魅力です。
アニメやゲーム作品では当然、主役を演じられることが多く、2013年にはなんと8本もの作品で主役演じられています。逢坂さんは2015年の第9回声優アワードでは見事新人男優賞を受賞され、以降も出演作品多数の超人気声優の一人になりました。

逢坂さんは、本人も自覚している「童顔」で、共演者からは「赤ちゃんみたい」「鈴木福くんに似てる!」など、しばしばいじられているようです。
つぶらな瞳と下がり眉のおかげで本当にかわいらしい顔立ちをされているため、先輩声優の小野大輔さんからは「ジャイアントベビー」というあだ名をいただいたそうです。(逢坂さんは背が高い割ににかなりの童顔のため)

逢坂さんは、その子供のようにかわいらしい見た目とは裏腹に、性格はかなりサバサバしていて男っぽいというギャップが人気で、ラジオやイベント、テレビ番組等に主演した際に見せる「ドS」っぷりも話題になっています。

声優・逢坂良太とは?

逢坂良太さんのプロフィール

愛称   :りょーちん、りょー先輩
出身地  :徳島県
生年月日 :1986年8月2日
年齢   :30歳
血液型  :O型
身長   :公称176cm(現在も伸びているため180cm前後?)
体重   :62kg
所属事務所:EARLY WING

養成所卒業後事務所入りオーディションに落ちた経験もある苦労人

逢坂さんは地元徳島の工業高校を卒業後、同じく声優を目指していた友人とともに上京し、専門学校に通いながら声優の養成所に入ります。
面接が大嫌いで「自己PRとか超苦手」だった逢坂さんは「面接のない養成所」を探し、そこに書類とサンプルボイスを送って見事受かったそうです。

養成所で声優の基礎をしっかりと学んだあとは、どこかしらの事務所に入るため事務所主催のオーディションを受けるのですが、逢坂さんはそのオーディションに受からず、養成所を出た直後はどこの事務所にも所属することができませんでした。

その後も事務所が行うオーディションを受けまくり、現所属事務所のEARLY WINGが主催する追加オーディションに無事受かり、2010年に声優としての仕事を始めました。

『テイルズオブエターニア』のリッドが大好き!

中学生のころからアニメやゲームが大好きだった逢坂さん。好きなアニメキャラやゲームキャラは昔から変わっていないようで、20年以上の歴史があるゲームのテイルズシリーズの中でも特に人気のある作品の一つ『テイルズオブエターニア』の主人公「リッド・ハーシェル」が今でも大好きだそうです!

『エターニア』はテイルズファンなら誰でも知っている名作中の名作で、キャラクターの声を当てている声優さんたちの演技も作品の魅力の一つです。その中でも、主人公のリッドの声を担当している「石田彰」さんの演技は素晴らしく、当時から多くの評判を呼んでいました。

逢坂さんはこの石田彰さんの演技に強く惹かれ、声優という職業に興味を持つきっかけになったと語っています。

高校の入学式の日に突然「声優になりなさい」と声が聞こえた!?

声優さんたちは皆さん、「自分が声優を目指した理由」のようなものをあちこちで語ってらっしゃいますが、そのなかでも逢坂さんの「理由」は、かなり変わっています。

なんでも、高校の入学式の日「何の前触れもなく“声優になりなさい”という声が聞こえた」というもの。
逢坂さんはもしかして第六感のようなものがあるのでしょうか?こういうことってそうそうないですよね。

この声が聞こえたことで、「声優にならなきゃ」「声優になりたい!」と強く思うようになったそうで、現在の逢坂さんの活躍を見ると「謎の声」に感謝せずにはいられないです。

アニメ主演経験がほぼ無いのに『つり球』真田ユキ役で主演デビュー!

2010年声優デビュー後、アニメ作品のアフレコ経験もほとんどなかった逢坂さんは、本人も驚くほどいきなり主演を演じることになりました。

監督の中村健治さんは、癖がなく凛とした透明感のある声質と初々しい逢坂さんの演技を気に入り、「可能性に賭けてみたい」と逢坂さんを主演に大抜擢。
案の定ガチガチに緊張してアフレコに臨む逢坂さんを、共演の杉田智和さんは「俺らに任せて演技に集中しなよ」と励ましてくれたそうです。

江の島を舞台にした「釣り」アニメ『つり球』は、SF要素を盛り込んだ青春アニメ作品です。夏特有のノスタルジックな雰囲気と、男子高校生たちのゆるやかな日常に癒されます。
逢坂さんの初々しい演技は思わずキュンとするくらいかわいいですよ!

『ダイヤのA』沢村 栄純役では「叫びすぎて喉が強くなった」!?

逢坂さんの知名度を一気に上げた作品が『ダイヤのA』です。「マガジン」で連載中の大人気野球漫画で、アニメ化が決まった時から大きな反響を呼んでいました。

逢坂さんはもちろん、主人公の「沢村 栄純(さわむら えいじゅん)」を演じています。熱血スポーツマンがらしく「叫び」の演技が多く、逢坂さんはこの作品のアフレコ現場で叫びすぎて「喉が強くなった」と語っています。
主人公らしい「熱い」逢坂良太を見たいならぜひ『ダイヤのA』を見ていただきたいと思います!

共演する声優さんたちも大変豪華で、作品のニコニコ生放送も行われ、逢坂さんはそれまで見せたことのない新たな一面をたくさん見せてくれています。

童顔過ぎて付いたあだ名は「ジャイアントベビー」!

鈴木福くんに激似!?

逢坂さんは自他ともに認める超「童顔」です。その童顔レベルは、成人しているにも関わらず「ゲーセンにいると中学生に間違われた」というエピソードもあるほど。
あまりに幼く見えるため、共演者や先輩からよくいじられることもあり、声優・小野大輔さんからは「ジャイアントベビー」というあだ名をいただいています。
確かにぴったりです!

逢坂さんの共演者やファンの間で一時期話題になったのが「逢坂良太鈴木福くんに似すぎ問題」です。
正直、この話を聞いたときは「そんな似てないでしょ?」と思っていましたが、二人の画像を比較すればするほど似ているとしか思え無くなってきました。

特にすごいのが、たまたま見せた逢坂さんの変顔と福くんの変顔が激似なこと!この二人、シンクロしすぎです…。

普段は穏やかなのに実はドSキャラ!?

見た目のかわいさと性格のギャップが人気に!

逢坂さんは、その見た目のかわいらしさとは裏腹に、かなり男っぽいサバサバした性格をされているようです。
気持ちが昂ると地元徳島の方言が飛び出すらしく、やや荒っぽい言葉遣いになることも。本人曰く「仲が良くなると口が悪くなる」タイプのようで、そんな歯に衣着せぬ物言いも逢坂さんの魅力の一つだと思います。

声優・花江夏樹さんとともに主演されているラジオ番組「逢坂市立花江学園RADIO」では、しばしばそのドSさを発揮させてくれています。

【AG-ON】逢坂市立花江学園~Radio 4月23日配信 第160回【逢坂良太 花江夏樹】逢花 – YouTube

あえて先の細いボールペンで足つぼをする逢坂さん。

見た目とのギャップがある逢坂さんですが、イベントやラジオ等のトークで自身を売り込むために「キャラづくり」をする声優さんも多い中、彼のように全く飾らずに自分の思ったことをストレートに話すというのはとても好感が持てると思います。
決して作りこんいない、きれいなだけではない人間くささのある彼のキャラクターが、多くの方がそうであるように魅力的に感じさせるのではないでしょうか。

2017年もすでに話題作への出演が決定している逢坂さん。
今後の演技はもちろん、イベントやラジオ・テレビ番組等での素のトークをもっとたくさん見てみたいと思います!

この記事で紹介したテーマ

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事