木南晴夏はブサかわいいけどヨシヒコ共演の姉が美人!熱愛彼氏Ryotaとの破局理由は?在日韓国人説の理由は?

ブサかわいい個性派女優・木南晴夏の!熱愛彼氏Ryotaとの破局理由が哀しすぎ!

姉が美人!?在日韓国人説の理由と真相に出身大学も調べた!

ドラマで何度も見かけるのに、なかなか名前が覚えられない…

でもインパクトが強いので顔は絶対忘れない!
そんなブサかわいい個性派女優。木南晴夏さん。

そんな木南さんですが長年付き合っていた彼氏・Ryotaとの破局理由が語るも涙!

美人と噂の姉や、出身大学、さらに気になる在日韓国人説の理由や真相など木南晴夏さんに関する情報を徹底調査!

まずは、木南晴夏さんのプロフィールをご紹介

基本情報

・本名    :木南晴夏(キナミ・ハルカ)
・生年月日  :1985年8月9日
・血液型   :A型
・年齢    :31歳   (2017年5月現在)
・出身地   :大阪府
・身長    :162cm
・スリーサイズ:B80・W57・H80
・所属事務所 :ホリプロ

木南 晴夏(きなみ はるか、1985年8月9日 – )は、日本の女優。大阪府豊中市出身[1]。ホリプロ所属。姉は女優の木南清香[4]。

デビューのきっかけは?

2001年『夏の高校野球PR女子高生』に選出

2001年『夏の高校野球PR女子高生』に選出

木南晴夏さんの芸能界入りは2001年。この歳の夏の甲子園大会のPR女子高生に選出されると、同年に行われた『第1回ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜』でグランプリを獲得しています。この時木南さんは16歳。
デビュー当初はグラビア活動など、高校生活に支障がない範囲で活動し、テレビや映画の仕事を始めるのは高校卒業後になります。

グラビア時代の水着ショット画像まとめ

デビュー当時はグラビアを中心に活動をしていた木南晴夏さん。2002年には同事務所の酒井彩名さん、あびる優さんと3人で『Licca』というアイドルグループを結成。今とは随分雰囲気の違う仕事をしていました。
そんな木南さんのスタイルですが、公称のスリーサイズよりグラマラスな印象ですね。バストサイズは80cmでもCカップはありそうです。

身長と体重を画像から推測

大東駿介さん(182cm)・木南晴夏さん(162cm)

大東駿介さん(182cm)・木南晴夏さん(162cm)

大東駿介さんと木南晴夏さんの身長比較画像。木南さんの身長が、後ろの駅名表示の赤い帯の部分あたりですから、大東さんと比較して15cm程度の身長差でしょうか?
木南さんのブーツがハイヒールほど高くなさそうですから、ヒールの高さを5cm程度と考えると、公称通り20cmの身長差で不自然さは感じません。
木南さんは平均より少し背が高いくらいなんですね。

グラビアの仕事をしなくなって以降、肌の露出が少なく、体の線が分かりやすい衣装も減った木南晴夏さん。現在の体重を推定するのは難しいところですが、上の画像を見る限り極端な体重変動はなさそうです。
恐らく40kg台中盤あたり、46kg程度ではないでしょうか。

木南晴夏さんの代表作品

村川絵梨さん主演の朝ドラに出演

2005年下半期朝の連続テレビ小説『風のハルカ』

2005年下半期朝の連続テレビ小説『風のハルカ』

2005年の朝ドラ『風のハルカ』では主人公の幼馴染役として前編を通して出演。ちなみに主人公の名前が「ハルカ」ですが、木南晴夏さんの役名は「万里子」でした。

榮倉奈々さん主演の人気ドラマに出演

2006年放送のドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』

2006年放送のドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』

全米ダンス選手権で総合優勝をした女子高生の実話がベースとなったドラマに出演。メインキャストという扱いではありませんでしたが、残したインパクトは主役級でした。

『20世紀少年』では原作ファンも絶賛の演技

映画「20世紀少年-第2章- 最後の希望」予告編 – YouTube

映画「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」 公式サイト – YouTube

超大作として大きな話題となった映画『20世紀少年』では平愛梨さん演じるカンナの友人・小泉響子役を熱演。表情豊かな演技が、原作の響子そっくりだと話題に。その演技は、漫画原作の映画としては珍しく、原作ファンからも絶賛されました。

驚きの再現率です

驚きの再現率です

木南晴夏さんの熱愛事情

人気ミュージシャンとの熱愛も…

木南晴夏さんの熱愛と言えば2014年。人気ロックバンドONE OK ROCKのベーシストRyotaさんとの熱愛が発覚し報道されました。木南さんはSNSで左手の薬指に指輪をしている写真をUP。RyotaさんはインスタグラムのIDを「Ryota_0809」としていました。
「0809」は木南さんの誕生日8月9日と推測され、2人は長期間交際していた様子が伺えました。

Ryotaさんの突然の結婚表で破局が発覚

しかし、2017年2月、ONE OK ROCKのライブ中に、メンバーからRyotaさんが結婚したことを発表しました。お相手は木南さんではなくミッシェルさん。あのアメリカの歌姫アヴリル・ラヴィーンさんの妹さんです。
木南さんとの破局報道もなく、突然別の女性との結婚ということで双方のファンともにかなり動揺したようです。

破局をしても仕事では新境地開拓

木南晴夏さんの“強烈な役”一覧

勇者ヨシヒコシリーズのムラサキ役

勇者ヨシヒコシリーズのムラサキ役

勇者ヨシヒコ一行の紅一点。ムラサキ本人が変わっているというより、他の3人が極端に変わっているので、クチの悪いツッコミ役を一人で担っていました。また、ムロツヨシさんの妙な呪文の実験台となるのも、ある意味重要な役回りでした。
眉毛を太くされたり、胸がペチャンコといういじりをされ続けたり、受け口にされたり。綺麗どころの女優さんには演じきれそうにない役をコミカルに演じきりました。

ドラマ『昼顔』では不倫好きのOLに

ドラマ『昼顔』では不倫好きのOLに

話題になった不倫ドラマ『昼顔』では、既婚者男性しか愛せないOL役を。とにかくセリフが強烈。一部を抜粋すると、「わたし既婚者が好きなんです。結婚考えなくていいから楽なんです」、「エッチしてないからって潔白だって言えると思ってるんですか?」、「夫がいるくせに畑を荒らさないでください。男の数は限られてますから」などなど。これも普通の女優さんにはなかなか演じきれない役でした。

ドラマ『火の粉』では性格破綻者を超える怖さを発揮

ドラマ『火の粉』では性格破綻者を超える怖さを発揮

このドラマの主役であるユースケ・サンタマリアさんが演じたのは、性格が破綻した犯罪者。しかしそのユースケさんに片思いをし、ユースケさんを怖がらせるストーカー気質のシングルマザーを演じました。鬼気迫る演技は、ユースケさんはおろか同事務所の先輩・優香さんの存在感すら凌駕していました。

木南晴夏さんの在日韓国人説は本当!?

在日疑惑の理由は語学が堪能だから!?

木南晴夏さんには「在日韓国人説」が根強くあります。しかし過去のインタビュー記事などを読む限り、木南さんは純粋な日本人。ではなぜそのような噂が流れているのでしょうか?

在日説の理由は“木南”という珍しい苗字のせい!?

確かに珍しい「木南」という苗字ですが、調べてみると全国順位4180位。およそ2800人いるそうです。読み方は「こなみ」、「こみなみ」など様々なようですが、岡山県など西日本に多い苗字のようで、珍しいですが即在日と判別できるような苗字ではありません。

在日説の理由は韓国語が上手いから!?

2010年放送のドラマ『素直になれなくて』

2010年放送のドラマ『素直になれなくて』

最大の理由が2010年放送のドラマ『素直になれなくて』。このドラマで木南晴夏さんは韓国人の役を演じました。しかも韓国語で。この時の韓国語が非常に流暢だったため、在日説が一気に語られるようになりました。

木南晴夏さんの出身校に学歴は!?

私立雲雀丘学園高校で相武紗季さんと同級生だった

木南晴夏さんの出身校を調べると、兵庫県の県立高校や宝塚北高校出身という説も見かけますが、正解は兵庫県の私立雲雀丘学園高校のようです。通っていたことは間違いなさそうですが、卒業まで通っていたかどうかについては確認が取れませんでした。高校時代から芸能活動を始めた木南さんだけに、都内の高校に転校した可能性もあります。

木南さんは雲雀丘高校で女優の相武紗季さんと同級生。しかも幼なじみだったそうで、後にテレビで共演しています。

雲雀丘学園高等学校 偏差値
(ひばりがおかがくえんこうとうがっこう)
兵庫県 宝塚市 / 私立 / 共学
偏差値:69

相武紗季さんと共演した番組

高校時代の同級生というだけではなく、幼なじみだった木南晴夏さんと相武紗季さん。相武さんは木南さんが「夏の高校野球PR女子高生」に選ばれたことに刺激を受け、翌年木南さんと同じく「夏の高校野球PR女子高生」になり、その後芸能界デビューをしています。

國學院大學 文学部 卒業

木南晴夏さんは高校卒業後大学に進学。ネット上の説を信用するのであれば國學院大學の文学部を卒業したそうです。
この大学で韓国語を勉強したことで、日常会話程度の韓国語が話せるようになったとか。ちなみに英語も日常会話程度であれば話せるそうです。
この英会話能力を発揮したのが朝の連続テレビ小説『マッサン』。主人公シャーロット・ケイト・フォックスさんと流暢な英語で会話するシーンが放送されています。

文学部 セ試得点率 69%~82% 偏差値 50.0~57.5

本人はブサかわだけど…姉は美人でかわいい!?

木南晴夏の姉は舞台女優の木南清香

木南晴夏さんのお姉さんは舞台女優の木南清香さんです。姉妹は小さい頃から演劇が大好きだったそうで、一緒に宝塚歌劇団を観劇していたとか。
そんなことから2人とも小さい頃から将来の夢は女優だったそうで、こうした経験が演技力の高さにつながっているのかもしれません。

『勇者ヨシヒコ』で共演も

『勇者ヨシヒコ』で共演も

『勇者ヨシヒコ』ではドラマでは初となる終い共演を果たしています。
ちなみに上に掲載した相武さんとの写真。写真には4人写っていますが、木南晴夏さんのお隣が清香さん、相武さんのお隣は相武さんのお姉さんで元宝塚歌劇団の音花ゆりさんです。

幼なじみに続いて結婚できるかに注目

幼い頃から憧れていた女優になった木南晴夏さん。

若くしてその演技力と表現力で、同年代の女優の中でも圧倒的な評価を得ています。

演技力の割にメインの役が少ない女優さんですが、サブキャストでも主役を食うほどの演技を見せることができる女優さんともいえます。
今後も多くの役を演じ、さらに主役級の役も見せてくれるでしょう。
同時に気になるのがプライベートの話題。

幼なじみで親友でもある相武紗季さんも2016年に入籍。
木南さんもそろそろ熱愛、そして結婚という話があってもおかしくありません。

木南さんのプライベートとこれからの仕事に大注目です。

勇者ヨシヒコで共演の山田孝之についての記事はこちら!

こちらからコメントの記入が行えます

*