名鉄香りバス”の廃止を求めた化学物質過敏症患者団体に賛否両論で炎上!香りバスと化学物質過敏症の関係は?

名鉄“香りバス”の廃止要請に賛否両論!?

名古屋の路線バスである『名鉄バス』が新たに開始した新型夜行バス車両『香りバス』の廃止を求めた化学物質過敏症患者団体に対し、ネット上で賛否両論の様々な意見が上がっています。

化学物質過敏症の患者団体は香りバス見直しを求めた公開質問状にてアロマに含まれる香料の危険性について熱弁しており、それについても様々な意見が上がっているようでした。

名鉄“香りバス”とは

名鉄バスが導入した新型夜行バス

ウェルカムアロマでお客様をお出迎え

ウェルカムアロマでお客様をお出迎え

香りバスとは、名古屋の路線バスを運行している民間企業『名鉄バス』が平成28年11月19日から名古屋~福岡線・名古屋~長崎線・名古屋~仙台線の3路線に導入した新しい新型夜行バス車両であり、従来よりも広い座席に加え“ウェルカムアロマ”というサービスを導入しているのが特徴です。

ウェルカムアロマとはバスのドアが開いた時にだけドア付近に良い香りをふりまく仕組みの事であり、走行中のバス車内は無臭との説明があったのですが、このサービスに対し廃止を求める声がとある団体から上がりました。

・ウェルカムアロマ
乗車時に天然素材のアロマでお迎え。
車内は抗菌・無臭のクリーンな空気でリラックスできます。
※アロマは乗車ドアが開く際にドア付近で香ります。走行中(ドア閉扉時)は香りません。

名鉄バスによる香りバスの説明

化学物質過敏症の患者団体が名鉄バスに申し入れ!?

患者団体『化学物質過敏症あいちReの会』が廃止を要請

公開質問状で香料の危険性を熱弁

公開質問状で香料の危険性を熱弁

香りバスの廃止を求めた団体は愛知県の化学物質過敏症患者団体『あいちReの会』。
この団体は香りバスのサービスが始まって約2ヶ月が経過した2月14日に名鉄バスに公開質問状を掲載し、香りバスの廃止とアロマに含まれる香料の危険性を訴えました。

質問状は全部で用紙4枚分にも及ぶかなりボリュームのある内容だったのですが、その内容のほとんどが香料に含まれる化学物質の危険性の主張に費やされているようです。
危険性があると思われる化学物質が含まれるアロマ香料を使用する事で化学物質過敏症の患者が香りバスを利用できなくなるため名鉄に廃止をお願いしたいようですね。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事