冠婚葬祭ってどれぐらいお金を用意しておけば安心?

冠婚葬祭って?

冠婚葬祭とは日本人が生きていく中で行われる重要な4つの式のことで、それぞれ、「元服(成人式)」「婚礼(結婚式)」「葬儀(お葬式)」「祭祀(神や祖先を祀る式)」のことを指します。

元服とは、成人式のこと。頭に冠をつけるという意味があるため、冠となります。婚礼は男女が夫婦になるときの結婚の儀式、葬儀は死者を弔う儀式、祭祀は、お盆や法事など先祖の霊をまつる行事です。

これらは日本の伝統的な行事でもあるため、できれば行いたいところですが、意外と費用もかかります。

冠婚葬祭でかかる費用

冠婚葬祭でどれぐらいお金がかかるものなのかそれぞれの費用相場についてご紹介していきます。

成人式にかかる費用

20歳になる年に各市町村で行われる成人式。出席するのは自由ですが一生に一度しかない成人式には多くの新成人が出席するのではないでしょうか。

女性と男性によってかかる費用も違いますが、主に衣装やヘアメイク代が必要になります。

女性の場合、衣装で着物・帯・草履が必要になります。成人式の前撮りや当日の着付け・ヘアメイク代もかかり、成人式後の同窓会や2次会での費用もかかります。
衣装は購入するかレンタルするかで値段は大きく異なりますが、値段を抑えても10万円ほど。衣装にこだわれば100万円以上かかることもあります。

男性の場合、衣装はスーツか袴でしょう。スーツなら成人式後も着れるものとして購入する人も多く、袴を着る場合はレンタルすることが多いようです。
女性ほどかかる費用は少ないかもしれませんが、それでも数万円から数十万円ほどかかります。

また、成人式は1月に行われるため防寒としてコートなども必要になるので、それらを揃えるとなると費用はやはりそれなりにかかってしまいます。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事