外国人が水筒やタンブラーなどのボトルを常時する切実な理由と歴史

◆1・海外の人がいつも水筒やボトルを持っているのはなぜ?

水筒やボトルやタンブラーを手にしているのはおしゃれな印象があります。スポーツ時や移動の時などにさっと自前のタンブラーを口元に運ぶのはとても洗練されていてステキです。

ただ、外国人の方々がボトルを持ち歩いているのはおしゃれのためだけではありません。彼らがマイボトルを持ち歩いているのは生活の中の必需性から来ています。日本のようにいたるところにコンビニや喫茶店がある環境ではないため、生活の知恵として水筒やボトルを携帯しています。

• 節約のタメ
• 安全のタメ(いつでも水分補給できるように)
• 水の価値が高い(海外では飲料水は限られている)
• お店が開いてないことが多い(コンビニが無いため)
• 危険防止のため(自分の身は自分で守らなければならない)
• 体調のコントロール

◆2・経済的な理由(おしゃれだと説明するのは後付けと言い訳)

コーヒーを保温できるタンブラーがポピュラーになったのは80年代の頃のアメリカです。当時の米国では、朝早く仕事をスタートし早く終わって帰るのがファッションでした。
郊外にマイホームを持つのが夢だったアメリカ人は、ローンの為に夫婦共稼ぎが当たり前。
都心には住宅は買えないので、どうしても勤務先と家が遠くなっていきました。

時間が無く、朝ゆっくりとコーヒーを飲めない彼らは、運転しながらや歩きながらコーヒーを飲めないかと思案しました。そこから保温タンブラーのアイデアが生まれました。

アメリカの車にはギヤボックスのセンター辺りにタンブラーを乗せるためのコーナーがあります。大人はタンブラーでコーヒーを飲みながら運転し、勤務地に通いますが、子供たちは自分の水筒を持って学校に通います。

大手の炭酸飲料水の会社が応援している学校には自動販売機があり、子供たちはソーダドリンクを購入できます。低所得者層の子供たちは自動販売機を活用しますが、一定の所得層の家の親は子供たちに貯蓄と倹約の大切さを教えています。

アメリカの親が子供に教える価値は1寛容性2勤勉さ3責任感となっています。彼らにとって重要なことは自分自身への責任です。

日本人が重要視する思いやりは周囲の目を気にするハーモニーです。常に他人の行動と自分を比較することが中心で、自主的な必要性の順位は低くなりがちです。おしゃれなのか、今は何が流行なのかを常に重要視する国民性なのかもしれません。

参照URL
「世界各国の国民が重要視する精神態度」
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9463.html

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事