スマホ代を上手に節約する3つの方法少しでも料金を安く!

平均スマホ代は1人8,000円にも… 上手に節約する方法はないの!?

スマートフォンを使っている人の毎月の利用料金は、平均で8,000円といわれています。もちろん、これ以上使う人もいますし、逆にほとんど使わないという人もいるでしょう。

毎月8,000円かかるのはとても大きなことですよね。これを単純に1年で考えると、1人で96,000円をかかることになります。驚きの数字です。ただ、現在ではスマートフォンはもはや生活になくてはならないものなので、一切持たないということは生活していく上での利便性を考慮しても簡単ではないです。

そこで、スマホ代をできる限り節約する必要があります。ここでは、とっておきのスマホ代節約方法を大公開します。必見です。

スマホ普及率は?

2016年6月20日の博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表した、スマートフォン利用状況に関する調査では、なんと7割を超える人がスマートフォンを使っているというデータになっています。年々普及率が高くなっているスマートフォンは、これからもどんどん普及していくことが予想されます。

またタブレットは、4割に近づいているという報告もあります。

・「スマホ」の所有率は70.7%で昨年とほぼ変わらず横ばい。一方、「タブレット」の所有率は昨年から10ポイント強上昇して38.8%と、4割に近づく。

実際の調査レポートの内容です。

3つの節約方法を試そう

スマートフォン節約方法はいくつかあります。ここでは、その中でも最も効果的な方法を3つピックアップして紹介していきます。
まずこの3つの方法を試してみてください。

①利用状況をしっかりと把握する

どのくらい毎月スマートフォンを使っているかを確認するなんて当たり前では?と思うかもしれませんが、意外と自分の使っている詳細や料金を知らない人は多いです。
自分がどのくらい使用しているか分からなければ、節約する方法がありませせん。まずは、毎月もらう利用料金明細をチェックし、何を多く使っているか、余計なプランに加入していないかなどを確認することです。
利用料金明細は、郵便で送られてくきていると思いますが、現在ではキャリアのホームページのあなたのアカウントページでも簡単に確認することができます。

②格安SIMに乗り換える

格安SIMという言葉を聞いたことがあると思います。いわゆる「MVNO」ですね。最近、とても認知度が高まっているサービスで今後さらに期待が持てるものでもあります。

MVNOの最大の特徴は、大手三大キャリアではありえないような料金でスマートフォンを運用できるということです。例えば、大手三大キャリアで契約をしていたら毎月8,000円超えは当たり前ですが、同じデータ容量プランでも、MVNOであれば1,500円以下に抑えることも可能になってきます。

MVNO会社やプランによっては、毎月1,000円以下、ワンコインでスマートフォンを運用することさえできます。まずは、本当に大手三大キャリアで毎月高い利用料金を払う価値はあるのか再確認してみることです。
MVNOの中でも人気・知名度ともに最高クラスのMVNOを紹介します。それがIIJmioです。値段、品質ともにMVNOでは最高クラスと言われています。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事