iQOS(アイコス)に続く加熱式タバコ「glo(グロー)」が発売も品薄で買えない!先行販売の恩恵が受けられない!

仙台市内限定で「glo(グロー)」発売開始…しかし品薄で手に入らない!?

英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(以下BAT)が仙台市で世界に先駆けて発売しました。

加熱式タバコはフィリップモリスジャパンから「iQOS(アイコス)」、日本たばこ産業(JT)から「Ploom TECH(プルームテック)」が発売されていて、これに続いグローが発売。

先に販売されているアイコスなどが、入手困難とありプルームテックが全国で販売されることに期待が高まっています。

「glo(グロー)」とは

アイコス難民が期待しているグロー

アイコスの入手困難で今「加熱式タバコ」の大ブームです。
一年近く入手困難になっていて、未だにアイコス難民が後を絶たない様です。

そのブームの中BTAから満を持して(?)発売されたグローとはどんなものなのでしょうか。
そもそも加熱式タバコとはどのようなものなのでしょうか。

加熱式タバコとは

加熱式タバコとは、葉タバコを燃やし吸うものです。
専用の液体を吸う電子タバコとは違うものです。

加熱式タバコとはタバコの葉を電気で温め加熱することによって蒸気を発生させるようなタバコを指します。

一番の特徴は火を使わないためタバコの「臭い」や「煙」が全然出ないことです。
タバコを吸う人なら一度は経験のある、タバコ特有のくさい臭いや副流煙で嫌がられるという思いをしなくてすむため喫煙者には朗報です。

アイコスと違う点は「一体式」

iQOS(アイコス)

PloomTECH(プルームテック)

グローとアイコスやプルームテックとの一番の違いは、グローは一体式ということ。

アイコスまたはプルームテックは充電する本体とホルダーが分かれていますが、グローは充電する本体1台で使用できるということ。

使用しやすいと言う点で、アイコスとは一線を越えているようです。

大きすぎてカッコ悪いとの意見も

アイコスなどと違いスマートな形状ではない為、吸っている姿が間抜けに見えるのではと心配の声も。

アイコスでも、吸っている姿がカッコ悪いと揶揄されている傾向から見て、グローはもっと揶揄される傾向も否めません。

今のところ仙台でしか購入不可能、しかし購入できない!

仙台市で先行販売という触れ込みで、発売前は仙台市民は歓喜していたようですが、蓋を開けてみれば需要に追い付いていない在庫で、先行販売の恩恵を全然感じられていないというのが現状のようです。

加熱式タバコブームは、まだまだ冷めない様ですが、いくらニコチン軽減としてもけして「0」ではありませんので、健康に留意し嗜む事をお勧めします。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事