絶対に内定をゲットする!他の人と差をつけるための面接テクニック就職活動

2016年度の就職内定状況は上向きだが

いつの時代も就活は簡単なものではありません。数十社受けて、ようやく1社や2社内定をもらえればいいくらいです。中には、100社以上面接を受けている学生もいるでしょう。

そんな、就活生にとって大学時代で最も困難なことと言える「就活」の内定状況は、2016年度は前年度に比べて上向きだというデータが出ています。
前年度よりも8.4pt増加し、前年8月の69.1パーセントを大きく超えていて、とてもいい感じですね。

このデータは明るい報告ですが、やはり就活は簡単とは言い切れません。特に、面接は他の就活生と競い合わなければいけないので、思ったように面接官に伝えたいことを伝えれなく悔しい思いをしたことのある就活生は多いと思います。

就活には、書類選考、実技、面接など企業によって様々な形式を採用していますが、今回はその中でも「最も困難」な面接に焦点を当てて書いていきます。

大学生、大学院生の8月の内々定率は、前年同月比8.4pt増の77.5%。調査開始以来初となる「文系女子」の内々定率が「文系男子」を上回る

このまま上向きに行ってほしいですね。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事