厚生労働省のブラック企業リストに批判続出!本当のブラック企業が載ってない?334社は少なすぎ?

厚生労働省のブラック企業リストに批判が続出!

5月10日から厚生労働省の公式HPにて公開されているいわゆる“ブラック企業リスト”ですが、現在このブラック企業リストについて様々な不満が叫ばれています。
ネット上で述べられている批判の言葉は様々ですが、それらをまとめるとブラック企業リストへの不満は主に3つのようでした。

厚生労働省が公開した“ブラック企業リスト”とは

厚生労働省の公式HPで公開中

長時間労働削減推進本部にて

長時間労働削減推進本部にて

“ブラック企業リスト”とは厚生労働省が今年の5月10日から公式HPにて公開を開始した『労働基準関係法令違反に係る公表事案』に記されている会社のリストの事であり、このリストには016年10月~2017年3月の間に労働基準関係法違反によって摘発された334社の企業名が記されています。

これまでこういった企業のデータは労働基準監督署にのみ蓄積しなかなか世間の目に触れる事はありませんでしたが、このリストが公開に踏み切られた事でこれから違法行為を行った会社はこういった形で白日の下にさらされる事となりました。

リストは毎月更新

リストは毎月更新

この企業リストは毎月更新され、送検された日から1年間はこのリストに載り続けることになります。

しかし、せっかくのブラック企業リストですがこのリストはHPの中の少し奥まった場所にあり、公開早々に「リストの場所が分かりにくい」と不満の声が上がりました。

リストに記載された334社の企業名は!?

大手企業の名前も多数

電通

電通

過労によって自殺に追い込まれた高橋まつりさんの務めていた会社。
長時間労働の他にもパワハラやセクハラなど様々な問題が噂されていますが、厚生労働省のブラック企業リストには『労働者2名に、36協定の延長時間を超える違法な時間外労働を行わせたもの』とのみ記載されていました。

月100時間を超える過酷な労働を課されていたのは高橋まつりさんだけではなかったようです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事