タバコを吸わない社員に有給休暇を出すスモ休”が話題!タバコ休憩が平等になる?メリットとデメリットは?

タバコ休憩への不満を解消する“スモ休”が話題!

メリット・デメリットは!? 普及するの!?

会社でタバコを吸わない社員にだけ有給休暇を与える“スモ休”という新制度がネットで話題となっています。
そこで、実際に“スモ休”を導入している会社の社名やスモ休のメリット・デメリットについて調査しました。

タバコを吸わない人専用の有給“スモ休”って?

「タバコ休憩はずるい!」という不満解消を目指す

タバコ休憩の時間を有給休暇に!

タバコ休憩の時間を有給休暇に!

“スモ休”とは、会社でタバコを吸わない社員にのみ与えられる有給休暇の事です。
この有給休暇は喫煙社員のタバコ休憩の時間を有給休暇に置き換えたものであり、喫煙者の社員と非喫煙者の社員の勤務時間平等化を目指して新しく作られた新制度なのだそう。

非喫煙者の勤務時間は喫煙者より年12日多い!?

非喫煙者の勤務時間は喫煙者より年12日多い!?

社員がタバコを吸う為に1度タバコ休憩を行うと、移動時間や喫煙室での談笑、タバコを吸う時間などを含めて15分~20分かかると言われています。
そして、就職情報サイト『マイナビ』が行ったアンケートによると、タバコ休憩の回数は1日当たり平均2回が普通なのだとか。

それらの時間を週5日勤務で計算すると、タバコ休憩の時間は年12日の勤務時間に相当する時間になってしまいます。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事