ダイエット前のストレッチの効果と方法は?効果的に痩せるために柔らかくしておきたい場所

ストレッチで痩せるのですか?

始めにお断りしておきますが、ストレッチをやったからと言って痩せるということはほとんどありません。もちろん、血行が良くなることによって体の新陳代謝が向上してといった、風が吹けば桶屋が儲かる式の効果はあると言えるかもしれません。

ただ、基本的にストレッチをしたからといって痩せるということはありません。筋肉をゆるめることで脂肪燃焼効率が上がることもありませんし、もちろん脂肪が溶け出して排出されるようなこともありません。それでも、ダイエットにストレッチは欠かせないのです。

ダイエットにストレッチが必要な理由

ダイエットにストレッチが絶対に必要かと言われれば、「絶対」ではありません。ただ、より効果的にダイエットをしたいのであればストレッチを行った方が良いの間違いありません。

ケガの予防

ダイエットをする時にはいろんな選択肢があると思いますが、筋トレやジョギングなどの運動もその一つだと思います。ただ、筋肉を温めていない状態でいきなり運動を行うとケガに繋がりかねません。

せっかくダイエットのために運動を始めたのに、ケガをした運動が出来なくなって却って太ってしまったというのでは本末転倒も甚だしいというものです。ケガを防ぐためにはストレッチが有効です。

運動効率の上昇

ストレッチを日常的に行う理由としては、関節の可動域を広げるといったことも挙げられます。優秀な成績を残しているスポーツ選手で、体がガチガチに固いという人はあまりいませんし、体が固いスポーツ選手にはケガが付き物です。

関節の可動域が広いと、例えばちょっと先にあるボールを拾う時に体を曲げるだけで済みます。ところが、体が固いとさらに一歩を踏み出す必要が出てきます。このように、関節の可動域が広いと運動効率が上昇するのです。また、同じ筋トレをするにしても、関節の可動域が広い方がより効果的に筋肉を刺激することが出来ます。

ダイエットをする時にストレッチングしておくべき関節

それでは、ダイエットを効果的にするためにストレッチングして柔軟性を高めておくべき関節はどこなのでしょうか。痩せたい場所ごとに解説していきたいと思います。

下半身痩せをしたい場合

下半身痩せをしたい場合には、股関節の柔軟性を高めることは欠かせません。股関節の柔軟性を高めることには2つの意味があります。一つはケガの予防です。股関節の方い運動選手に腰痛や坐骨神経痛が多いことはよく知られています。

股関節の可動域が狭いことによって股関節や腰にかかる負担が増してしまうのがその原因です。もう一つの意味は、股関節の柔軟性を高めることがダイエットに繋がるということです。

股関節には大腰筋という筋肉がくっついています。大腰筋は筋肉は腰の骨と股関節をおなか側で結んでいて、この筋肉が固くなってしまうことで代謝効率が低下し、お腹周りの脂肪が付きやすくなってしまうのです。

また、股関節の可動域という面でも大腰筋が与える影響には大きなものがあります。なぜなら、大腰筋は股関節の屈曲(まげることです)運動にかかわっているからです。そう言ったことからも、股関節はしっかりとストレッチングしておくべきです。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事