バランスボールがダイエットに効果的な4つの理由と、くびれやヒップアップ、二の腕を痩せるトレーニング方法

バランスボールはダイエットにも効果的?

いまでもスポーツ選手のトレーニングなどに使われているバランスボールですが、ダイエットには効果的なのでしょうか。結論から言えば「イエス」です。バランスボールを使ってトレーニングをすることは、ダイエットに対してもとても有効です。

バランスボールがダイエットに有効な理由

それではまず、なぜバランスボールがダイエットに対して有効なのかについて見ていきたいと思います。ちなみに、ダイエットには本来美容と健康のために食事の質や量をコントロールすることという定義がありますが、一般的にダイエット=痩せるという意味で使われることから、本稿でも痩せることに主眼を置いて記述しています。

(1)筋力アップに繋がるから

ダイエットに必要なことはとてもシンプルで、「食事」と「運動」だけです。その他には何も必要ありません。そして、食事制限をするダイエットはリバウンドという失敗に陥りやすいので、本当に必要なのは運動だと言えます。

バランスボールはその特性として、ただ漫然と上に乗っているだけでもどこかの筋肉に刺戟が与えられます。極端な話をすれば、バランスボールに座ってテレビを見ているだけでも、ただ座っているのに比べれば筋力アップに繋がるという訳です。

(2)自重で効果的にトレーニングできるから

バランスボールの良いところは、自重(自分の体重)だけを利用してトレーニング出来る点にあります。そのため、器具を用いてトレーニングするケースと比べるとケガのリスクが少ないですし、腕立て伏せや腹筋といったトレーニングよりも効果的に筋肉に刺激を与えることが出来ます。

(3)続けやすい

悪く言えばバランスボールは大きくて邪魔です。使わなくなってしまえばただの粗大ゴミですが、よく言えば目立つということでもあります。そのため、なんとなく乗ってみるなどモチベーションを高めなくてもトレーニングに入りやすいというメリットがあります。

(4)柔軟性を高められる

バランスボールを使ったトレーニングは、筋肉を積極的に鍛えるという目的もありますが、姿勢を維持するというトレーニング法もあります。そのようなトレーニングの場合、筋力アップだけでなく関節の可動域を高める効果も得られます。

バランスボールを使ったダイエット法

次にバランスボールを使ったトレーニング法を紹介していきたいと思います。出来そうなものから取り組んでみてくださいね。

くびれを作るトレーニング

ウェストにくびれ❤腹斜筋 – YouTube

ウェストのくびれを作るには、通常の腹筋運動(腹直筋へのアプローチ)も良いのですが、より効果的にくびれを作るためには腹斜筋や腹横筋へのアプローチを行うと良いでしょう。まずはバランスボールを持って壁際に行きましょう。

そして両足を壁についた状態で、バランスボールの上に横になります。太股からおしりにかけてバランスボールの上に乗るようにしましょう。その状態から腹筋のように体を横に曲げて上げていきます。わき腹に効いていることを意識しながら行いましょう。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事