乳首が黒いのって男性経験が豊富だからなのか?

女性の乳首の色を男性はどう思っているの?

彼氏や恋人ができると自然と体の関係を持つことになりますが、自分の体のことをどう思っているのか気になるところ。特に気になっているデリケートな部分は、相手に直接聞くってなかなか難しいですよね。内心、男性はどんな風に思っているのでしょうか?

やっぱり理想はピンク色?

「乳首が黒ずんでいる女性は遊んでいる」という俗説を信じる男性は少なくなっているとはいえ、肌を重ねる期間や回数が増えてくると、なんとなく使った分だけ黒く感じてしまうこともあります。キレイな女性らしいピンク色をした乳首に、ときめかない男性はいません。

男性から誤解されることも

「乳首が黒いから、『初めてじゃないでしょ?』と言われた」という女性もいるほどですが、乳首の黒ずみの原因は、性体験のせいではありません。こんな男性からの勘違いは、悲しいですよね。男性にも女性の体のこと、分かってほしいものです。

見た目の印象で老けて見られることも

ピンクと黒、比べるとどちらが若々しいかはハッキリわかります。実際に年齢を重ねると、乳首は黒くないりやすくなります。熟年の方だと黒ずんでいる方のほうが多いので、そのイメージは拭えません。外見は化粧やスキンケアをして美しくとも、乳首が黒いとそのギャップで余計に気になってしまいます。

乳首が黒いのはなぜ?

そもそも個人によって乳首の色に差はあるのはなんでなんでしょう?昔はそうでもなかったけど、今は乳首が黒くなってしまったという人も少なからずいると思います。黒くなってしまう原因は何が考えられるのでしょうか?

根本原因はメラニン色素

乳頭(乳首)・乳輪は、メラニン色素の沈着によって黒ずみます。メラニンが生成される主な原因には加齢やホルモンバランスの乱れの他、衣類やバスタイムケアなどによる摩擦が考えられます。

生まれつきに場合もある

肌の色が人それぞれ生まれつき違っているように、バストトップの色も、その人の持つ肌色次第で変わります。ピンク色、小麦色…カカオやブドウのような色など、乳首の色も様々あります。

妊娠をきっかけに黒くなる場合もある

なぜ妊娠をすると、バストトップが濃く黒くなるのでしょう?それは、授乳に備えて、肌を守るためです。妊娠や出産で、色素沈着が加速し、黒褐色になることもあります。大きさも変化します。出産を経験し、「バストトップが黒くなった」と感じる女性は、とても多いのです。

美容クリームで乳首ケアできる

少しでも濃くなった色を戻したければ、積極的なケアが必要となります。そのためには、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体などの美白成分が配合されたものや、保湿成分で乳首を刺激や乾燥から守ってくれるクリームなどを選ぶと良いでしょう。

日々のケアに、美白成分配合の美容液やクリーム、ピーリング剤などを取り入れるのもオススメです。乳首の黒ずみケア専用のものも販売されています。主な美白成分には「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」「トレチノイン酸」「ルミキシルペプチド」があります。

ホワイトラグジュアリープレミアムは、自社調べでモニター参加者300名のうち、94.8%の美白を実感した薬用美白クリームです。

3種類のビタミンの独自処方によりメラノサイトの発生源である基底層まで浸透してしっかりと作用します。肌に刺激を与えるものは一切不使用ですので安全にご使用できます。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事