クラウドファンディングCAMPFIREがビットコイン決済に対応

 CAMPFIREは9月12日、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、コインチェックの決済サービス「Coincheck payment」を導入したと発表した。
CAMPFIREでプロジェクトを支援する際に、ビットコインによる決済が可能となる。


CAMPFIREが「Coincheck payment」を採用

 同社は、2011年のサービス開始以来、8000件のプロジェクト、総支援者数約30万人、流通総額は32億円に達している。
ビットコイン決済の導入により、クレジットカードでは難しかった高額支援や海外からの支援を容易にするほか、決済システム導入のノウハウを構築するとしている。

 同社では、安心した仮想通貨の取引やCAMPFIRE経済圏を拡大する布石として、2017年3月に仮想通貨取引所「FIREX」を開設。
同時に、ビットコインやブロックチェーンのユースケース開発にも取り組んでおり、ビットコインを「Slack」上で手軽に送付できるSlackbot「OKIMOCHI(オキモチ)」を提供している。

 また、ビットコインのセカンドレイヤー「Ligntning Network」などの新技術の専門チームによる検証も進めており、今後も仮想通貨領域のプロダクト開発への技術応用・転用を図るという。

こちらからコメントの記入が行えます

*