旅行者向けIoTデバイスTRIP PHONEが京都大阪のホテルへ導入

 インベスターズクラウドの子会社であるiVacationは、旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」をからくさホテルに導入すると発表した。

 TRIP PHONEは、多言語対応のトリップコンシェルジュによるチャット対応や、テザリング、翻訳機能、観光音声ガイド機能などの機能を備えたIoTデバイス。
訪日外国人向けに民泊事業者に対し、レンタルしている。

 導入するのは、からくさホテルズが経営、運営管理する「からくさホテル京都I」と「からくさホテル大阪心斎橋I」の2つ。
いずれも海外からの観光客が多く、多言語対応のコンシェルジュサービスとして宿泊者へのさらなるサービス向上を狙う。

 TRIP PHONEのホテル事業者へのレンタルは、からくさホテルが第1弾になるとのこと。
今後ホテル事業者だけでなく幅広い宿泊施設を運営する事業者や、訪日外国人観光客を受け入れる商業施設、アミューズメント施設、旅行代理店などの事業者へレンタルを行い、普及を目指す。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事