ビットコインで不動産が買えるビットコインで不動産決済サービス開始

 不動産事業などを手がけるJITホールディングスは9月11日、ビットコインやイーサリアムで不動産が購入できる、「ビットコインで不動産決済サービス」をスタートする。

「ビットコインで不動産決済サービス」
「ビットコインで不動産決済サービス」

 不動産の仲介手数料のみならず、不動産の物件代金においてもビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨で決済することが可能。
JITホールディングスによると日本初のサービスになるという。

 対象物件は国内外の不動産で、値上がりしたビットコイン等を他の資産に振り替えたい、不動産投資をしたいが現金ではなくビットコインを使いたいといったニーズに対応する。

物件代金・手数料の支払いの流れ
物件代金・手数料の支払いの流れ

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事