シャオミMi Note 3を発売–性能を抑えて低価格を実現

 Xiaomi(シャオミ)は「Mi Note 3」を中国で現地時間9月12日に発売した。
Note 3は前機種の「Mi Note 2」ほど強力ではない。

 Note 2に比べると、Note 3のディスプレイは小型で、プロセッサの性能も劣る。
具体的には、5.7インチのNote 2は「Snapdragon 821」を搭載していたのに対し、5.5インチのNote 3はQualcommの「Snapdragon 660」プロセッサを採用している。
ただし、価格はNote 3の方が安く、中国での販売価格は2499元(約4万2000円)からとなる。

 Note 3は12メガピクセルのデュアルカメラと16メガピクセルの前面カメラを内蔵しており、前者はポートレートモードと2倍光学ズーム、後者は自撮りユーザー向けのAI搭載「Beautify」ソフトウェアをサポートする。

 NoteシリーズはもうXiaomiの旗艦ブランドではない。
現在の旗艦ブランドは「MIX」シリーズだ。
Note 3は中国で大人気のブランドであるOPPOを標的にしているとみられる。

「Mi Note 3」スペック概要

  • QualcommのSnapdragon 660プロセッサ
  • 5.5インチのフルHDディスプレイ(1920×1080ピクセル)
  • 12メガピクセルのデュアル背面カメラ
  • 16メガピクセルの前面カメラ
  • 3500mAhのバッテリ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事