Amazonの新型Fire TVは音声認識のAlexa搭載で4K・60fpsにも対応

Amazonの新型Fire TVは音声認識のAlexa搭載で4K・60fpsにも対応


新しく2種類のAmazon Fire TVが2017年に新しくリリースされる、とAFTVnewsが報じています。

Exclusive: These are the two new Amazon Fire TV models being released in 2017 | AFTVnews

Amazon set to launch new 4K Fire TV dongle and set-top box with built-in Alexa | Android Central

Amazonがリリース予定の新型Fire TVは、2種類ともに4K・60fpsに対応したモデルです。
2つのうち1つはGoogleのChromecastと同じように、HDMIケーブルの先っぽに本体がくっついているコンパクトなモデルで、これは既存のと新しく登場する上位機種の中間に位置するものになるとのこと。


そしてもうひとつは新しくFire TVのフラグシップモデルとなるキューブ型のセットトップボックスで、マイク・内蔵スピーカー・LEDライトバーまであり、ハンズフリーでAmazonの音声認識機能「」を利用可能できるようになります。
ハンズフリーのボイスコントロールで操作するため、と同じ機能を持っており、ストリーミング用デバイスとしてだけでなく、テレビやAV機器を制御することも可能です。


2017年初めにリークされたの「Amazon AFTN」が中間モデルのFire TVであると見られます。
また、4KやHDRビデオのサポートを必要としない人のために、低価格のFire TV Stickはそのまま残るものとみられています。
なお、Fire TV Stick同様、新しく登場する中間層のFire TVにはHDMI端子と電源用のMicroUSBポートしか存在しません。


ベンチマーク結果から、中間モデルのFire TVは1.5GHzのクアッドコアCPUとMali-450 MP GPUを搭載していることがわかります。
さらに、2GBのメモリ(RAM)も搭載しており、これまでのFire TV同様に8GBの内蔵ストレージを持つ可能性がある、とAFTVnews。
これらの仕様は現在販売中の第二世代Fire TV Stickよりもわずかに強力ですが、第二世代と比べると特に強力というわけではありません。

これに対して新型フラグシップモデルとなるFire TVは、ベンチマーク結果などのリークは現在のところなく、技術的な仕様は不明です。
しかし、Fire TV、Echo Dot、IoTやスマート家電のハブという3つの機能を有しているとのこと。
フラグシップモデルとなるFire TVは遠くから話しかけても音声を拾うことができるマイクロホンを内蔵しているので、音声リモコンなどを使わずにAlexaを使うことができます。
また、本体上部にはEcho Dotと同じボタンがあり、1組の音量ボタンで内蔵スピーカーを制御し、ミュートボタンでマイクを無効にし、アクションボタンで手動でAlexaを起動させることも可能。
なお、フラグシップモデルとなるFire TVにはイーサネットポートや拡張可能なストレージなど、中間モデルにはないポートや機能が搭載される可能性があるとのことです。

既存のFire TVと同様に新しいFire TVではHDMI-CEC規格をサポートする新しいTVを制御することも可能。
しかし、ほとんどのTVはこの規格を採用していないそうです。
そのため、テレビやAV機器を制御できるように、新型のフラグシップモデルではFire TVにIRエミッタを搭載しています。
このIRエミッタにより、ハンズフリーの音声制御でTVやAV機器もコントロール可能となるわけ。

なお、これらの新型Fire TVは2017年9月に発表され、中間モデルは10月にリリースされる予定とのこと。
正確な価格は不明ですが、既存の2つのモデルの間で価格が設定されるとみられます。
よって、中間モデルは60~80ドル(約6600~8800円)程度になると考えられます。
対して、フラグシップモデルとなるFire TVは2017年中に発売される見込みですが、2018年まで遅れる可能性もあるとのこと。
Echo Dotが50ドル(約5500円)であることを考えると、フラグシップモデルは100ドル(約1万1000円)程度になる見込みです。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事