カレーライス自動販売機を支える農家の舞台裏

「カレーライス自動販売機」を支える農家の舞台裏


かつて日本各地に設置されていた「ボンカレーライス自動販売機」ですが、いまや現役で稼働しているのは徳島県阿波市ののみ。
購入できるカレーライスは、オーナーである吉本さんが1日に2回のペースで入れ替えており、ライスについては吉本さんが自分で炊いたものを使っています。
そんな貴重な「ボンカレーライス自動販売機」の舞台裏がYouTubeで明かされています。


「カレー(の自動販売機)は日本に1台しかない言われるけれど」と登場したのは、オーナーの吉本さん。


「このなかのお米が手作りで、自分の田んぼで作ったお米を使っとる」


この映像は「」を掲げるANAとYouTubeの「」チャンネルのコラボで制作されたもの。


日本では自動販売機がありとあらゆるところにありますが……


このボンカレーライス自動販売機で動いているものは、吉本さんのものがラストといわれています。
吉本さんがコインスナック御所24のオーナーとなったのは40年ほど前。


販売機の中は、お米を温かいまま維持するため60度ほどに設定されています。
それでも長く置いているとパリパリに乾いてしまうので、1日2回のペースで入れ替えているとのこと。


吉本さんはもともと農家で米を作っていたため、「米を買うよりも自分の米を使った方が得」ということで、ライスには自分で作った米を使っています。


使っている品種は。


洗米したあと、15分から30分ほど水につけ置きして炊飯。
炊飯開始からパック詰めまでがだいたい45分ほど。


機械に入れるまではおよそ1時間かかるとのこと。


価格は300円で、お客さんはトラックドライバーが多いのですが、家族連れが3つぐらいまとめて買っていくこともあるそうです。


「このお米、おいしい」という声が吉本さんの喜びだとのことで、今後も自分の体と機械がもつ限りは続けると語ってくれました。


実際食べると、コンビニでカレーライスを買って温めるのとはまったく別物で、炊いたご飯のありがたみを感じます。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事