まもなく開催されるiPhone Xイベントで発表されると予想されている内容まとめ

まもなく開催される「iPhone X」イベントで発表されると予想されている内容まとめ


日本時間の2017年9月13日午前2時から、Appleがを開催します。
イベントではこれまでさんざんウワサされてきた完全新型のiPhone「iPhone X」のほか、新型Apple WatchやApple TVがリリースされると考えられているのですが、一体全体どんなものの登場がウワサされているのかまとめてみました。

Apple Events – Keynote September 2017 – Apple

What to Expect at Apple’s Biggest Event in Years – Bloomberg

◆開催場所
「Apple Special Event」と題された発表イベントは、現地時間の2017年9月12日10時(日本時間で2017年9月13日2時)からAppleが建設したばかりの宇宙船型新社屋「」内の「Steve Jobs Theater」で開催されます。


◆iPhone X
AppleはiPhone 7/iPhone 7 Plusの後継モデルとなるiPhone 8/iPhone 8 Plusの2モデルと、長らく「」としてウワサされてきた「iPhone X」の3モデルを同時に発表すると考えられています。
かつてないほどプレミアムな端末になるとウワサされる10周年記念モデルのiPhone Xについては、以下のような特徴があると言われています。

・デザイン
経済ニュースメディアのForbesがサプライチェーンからCADファイルを入手し、端末デザインがどのようなものになるのかが明かされています。
ディズプレイ上下左右のベゼルを極限まで狭めたベゼルレスデザインが採用されており、端末表面の上部にマイク・FaceTimeカメラ(インカメラ)・センサーがある以外、ほとんど全てがディスプレイとなります。


また、端末側面は従来のiPhoneとは異なり、Apple Watchと同じステンレススチールを採用し、背面には2010年に登場したiPhone 4のようなガラスパネルが採用されると言われています。
次期iPhoneの背面パネルがガラスになるという報道は、2017年初頭からありました。


・ディスプレイ
端末前面のほとんどがディスプレイとなることで、iPhone Xの本体サイズはiPhone 7 Plusなどのでありながら、ディスプレイサイズは5.8インチに巨大化します。
5.8インチのiPhoneが登場するということは2016年3月からのですが、その後、従来のTFT液晶から有機ELディスプレイ(OLED)に変更されるとようになり、最近ではAppleがOLEDの供給をSamsungに依存しているために端末価格が高騰するのではという報道にまで発展しています。


・ホームボタンとTouch IDの廃止
iPhoneのデビュー以来、ユーザーにとってはなくてはならない重要な操作系として機能してきたホームボタンですが、iPhone Xでは完全に消えてなくなります。
ホームボタンの廃止についてはiPhone 7/7 Plusの発表直後からが存在していたのですが、このウワサが事実になるものと考えられています。
なお、消えてなくなるホームボタンの代わりに、ディスプレイ上にはバーチャルのホームボタンが表示されることになる模様。

ホームボタンが消えてなくなってもディスプレイ下部に指紋認証テクノロジーのTouch IDが埋め込まれることになり、のではという報道もありました。
しかし、Touch IDの搭載に手間取り、製造に遅れが生じているというもあり、あのからも「iPhone Xは指紋認証センサーなしで出荷される」と報じられています。

・Face ID
製造上の問題によりiPhone Xには搭載されないとみられているTouch IDですが、その代わりとなるのが3D顔認証機能の「Face ID」です。
iOS 11の版がリークされたことからFace IDの存在が明らかになっており、Touch IDの代替機能として端末のロック解除やiTunes/App Storeでのコンテンツ購入などに使用できることが判明しています。


・ワイヤレス充電
ながらく待ち焦がれられていたワイヤレス充電への対応も、iPhone Xは果たすとみられています。
2017年2月にはAppleがし、その後が「iPhone Xはワイヤレス充電機能を搭載する」と発言していましたが、2017年8月にはワイヤレス充電機能をテスト中の画像がリークされています。


なお、iPhone X用のワイヤレス充電器はとも報じられています。

・A11 Fusionチップ
iPhone Xの心臓部には「A11 Fusionチップ」が搭載されるとみられています。
iOSデベロッパーのSteven Troughton-SmithさんがiOS 11のGM版を解析したところ、A11 Fusionチップは2つの高性能なコア「Monsoon」と、4つの消費電力の少ないコア「Mistral」による構成で、すべて独立して扱うことができるとのことです。
また、A11 Fusionチップは10nmプロセスで製造されているとも言われています。


なお、AppleはAI専用チップの開発に取り組んでいると言われており、A11 FusionチップがこのAI専用チップから何かしらの恩恵を受けている可能性もあります。


・iOS 11
iPhone Xには、Appleが開発者向けイベントのWWDC 2017内で発表した最新OS「」が搭載されます。
iOS 11について現時点でGIGAZINEで記事化した新機能は以下の通り。









・iPhone X以外のモデル
なお、iPhone Xと一緒にリリース予定のiPhone 8/iPhone 8 Plusの2モデルは、iPhone 7/iPhone 7 Plusのデザインを受け継いだまま、ワイヤレス充電に対応し、背面にはガラスパネルが採用されるとみられています。

◆Apple Watch
iOS 11のGM版コードから、新型Apple Watchの「Apple Watch 3」に関する情報が明らかになっています。
Apple Watch 3はLTE対応によりiPhoneなしでも電話をかけたり位置情報サービスが利用可能で、電話番号はiPhoneと共用することになる模様。
また、端末デザインとしては大きな変化は見られないものの、デジタルクラウン部分だけが赤色のモデルや、「Ceramic-Gray(セラミックグレイ)」「AlumBlushGold(ブラッシュゴールド)」といった新色が登場するとみられます。


また、2017年5月には本体価格を変えずにさまざまな機能を追加するための交換可能な「スマートバンド」を実装するのではとも報じられました。


その他、2015年にApple Watchが発売されて以来、Appleは6か月ごとに新しいリストバンドを追加していることから、Apple Special Eventの中でも新作バンドが発表される、とBloombergは予想しています。

◆Apple TV
新型Apple TVも登場すると予想されており、実現すれば2015年にリリースされた第4世代以来のアップデートとなります。
ウワサされているアップデート内容としては、4KビデオストリーミングおよびHDRビデオストリーミングのサポート、高解像度のコンテンツを再生するための新型プロセッサの搭載、そしてTVアプリの改善などが挙げられています。
なお、2015年にリリースされたApple TVは2014年に発売されたiPhone 6のA8チップを搭載していたので、2017年に新しいApple TVがリリースされる場合、搭載されるチップは2016年に発売されたiPhone 7のA10チップになるのではとも推測されています。

なお、Apple Special Eventの様子はGIGAZINEでもリアルタイム更新予定なのでこうご期待。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事