ボーズ超小さいSoundLink Micro登場–アウトドア仕様で重さ290g

 ボーズは9月8日、ポータブルスピーカ「SoundLink」に、重量約290gのコンパクトモデル「SoundLink Micro Bluetooth speaker」(SoundLink Micro)を発表した。
IPX7に準拠した耐水性能を備える。
発売は9月22日、税別価格は1万2750円になる。

「SoundLink Micro Bluetooth speaker」
「SoundLink Micro Bluetooth speaker」

 SoundLink Microはボーズ史上最小のポータブルスピーカ。
高さ98mm×幅98mm×奥行き35mmのコンパクトボディに、振動板を含むフルレンジユニットであるトランスデューサーを搭載。
小型デュアル・パッシブラジエータも備え、パワフルなサウンドを再生する。

 リチウムイオン充電池で駆動し、約6時間の連続再生に対応。
IPX7相当の耐水性能に加え、洗剤や塩素を含んだ水、塩水に耐えるテストもクリアしているという。
ボディはソフトシリコンでカバーしているため、傷、へこみ、衝撃、落下にも強い。

 Bluetoothによるワイヤレス接続ができ、ワンプッシュで内蔵スピーカフォンの受話、送話などができるマルチファンクションボタンを装備。
専用アプリ「Bose Connect app」を使えば、ほかのSoundLink製品と同期させ、「ステレオモード」や「パーティモード」で再生ができる。
ボディカラーはブラック、ミッドナイトブルー、ブライトオレンジの3色。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事