キヤノン宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの生産拠点を設立へ

 キヤノンと宮崎キヤノンは9月8日、宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの新たな生産拠点を設立することを決定し、高鍋町と協定を締結したと発表した。

 名称は、「宮崎キヤノン株式会社 高鍋事業所(仮称)」。
投資額は約230億円。
事業内容はデジタルカメラの製造など。
操業開始予定は2019年8月。

 キヤノンは、2016年度からの新5カ年計画「グローバル優良企業グループ構想フェーズV」で、「戦略的大転換を果たし、新たなる成長に挑戦する」をスローガンに、新規事業の育成、強化に取り組むとともに、現行事業の再強化を図っている。

 宮崎県児湯郡高鍋町に宮崎キヤノンの新しい生産拠点を建設し、市場変動による需要の変化に即座に対応できるよう、開発・生産間の相互連携を強化していく考えだ。
同じ九州にある大分キヤノン、長崎キヤノンとも連携し、最適な生産体制を構築するとしている。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事