ドル安円高が午後に加速

 前日のNY市場で108円ちょうど近くまで値を落とし、108円70銭近辺まで戻して迎えた8日の東京市場。

ドル円は108円台前半でのもみ合いから、午後2時ごろに一気に値を落とした。

  
 朝方108円20銭割れまで下値をトライ。
その後少し戻して108円台半ば近辺まで回復も
再び頭が重くなって、108円台前半での推移。

 午後に入って、米債利回りの低下やメキシコ南部湾岸近くで発生したM8.0の大きな地震もあって
ドル売り円買いが強まり、節目の108円割れまで。

 108円割れにはストップ注文が並んでおり、
一気に107.81へ、その後の戻りが108円の大台を戻しきれない重いものとなり、
107.64を付ける動きが見られた。

 ユーロドルは1.2092までユーロ買い。

直近高値を更新する動き。

ユーロは午前中から強く、1.2020近辺から1.2080台まで急騰。

その後1.2060台を中心にもみ合っていたが、
ドル円の下げをうけたドル安基調に1.2090台へ。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事