アップルはオープンなインターネットを支持する–FCCに意見表明


提供:Apple

 Appleは、米連邦通信委員会(FCC)に宛てた意見書で、あらゆるネット中立性政策を受け入れる枠組みとしての位置付けを維持できるよう、オープンインターネットを支持した。

 この意見書は、FCCのAjit Pai委員長のネット中立性規制撤廃計画に対するもので、この問題に関するApple初の意見書だ。

 Appleはその中で、同社の「顧客のセキュリティやプライバシーを尊重し、個人情報を管理する」姿勢を、「オープンインターネット」を維持すべき理由と位置付けた。
書簡では続いて、以下の主要政策を支持している。

  • 消費者の選択:コンテンツのブロックや抑制を制限。
  • 追加料金による優遇措置「高速レーン」禁止:ブロードバンドプロバイダーが「インターネットの勝者と敗者を選ぶ」ことを認めるべきではない。
  • 透明性:サービスと料金に関する透明性。
  • 競争:消費者がプロバイダーを選べるようにする。
  • 投資とイノベーション:制限なしに顧客にリーチできること。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事