AmazonとMicrosoftが音声認識AIアシスタントAlexaとCortanaでまさかの協業体勢へ

AmazonとMicrosoftが音声認識AIアシスタント「Alexa」と「Cortana」でまさかの協業体勢へ


アメリカでは大きなムーブメントになっているAIアシスタントの世界で、驚きのコラボレーションが実現することになりました。
AmazonとMicrosoftは現地時間の2017年8月30日、それぞれが提供している「Alexa」と「Cortana」を相互に接続し、AlexaからCortana、またはCortanaからAlexaを呼び出して機能を連携させるようにする協業体制をとることを発表しました。

Amazon – Press Room – Press Release

Hey Cortana, open Alexa: Microsoft and Amazon’s first-of-its-kind collaboration – The Official Microsoft Blog

Amazon’s Alexa and Microsoft’s Cortana are going to work together – Recode

この機能が実現すると、たとえばAmazon EchoのようなAlexa搭載スピーカーに「Alexa, open Cortana」と呼び掛けることでCortanaを呼び出すことが可能になり、Windows 10上でCortanaを動作させてOutlookやExchangeなどのWindowsアプリケーションを利用することが可能になります。
また、逆にCortanaからも同様に「Cortana, open Alexa」と話しかけてAlexaを呼び出すことが可能になり、Alexaが得意としているホームオートメーション機能や音楽再生、Amazonでのショッピングなどを行えるようになるとのこと。

両社が協業する理由は、それぞれの強みを活かし、組み合わせることでユーザーの利便性を高める狙いがあります。
両社の間で音声データを共有するかどうかについては記事作成時点では不明とのことですが、将来的には「Alexa」や「Cortana」など特定の名称を話しかけなくとも、音声で話しかけるだけで最適な機能を自動で選択するようになるともみられています。

まさに青天の霹靂ともいえる発表ですが、この協業はAmazonのジェフ・ベゾスCEOが2016年5月にMicrosoftのサティア・ナデラCEOに話を持ちかけたことがきっかけで実現したもの。
ベゾス氏はプレスリリースの中で「今後は、異なるデータセットに接続し、異なる分野のスキルを得意とする複数のAIアシスタントが共存するようになります。
これらを統合することで互いの強みを相互に補完し、顧客にさらに豊かで役に立つ体験を提供できるようになります。
Echoユーザーにとって、Cortanaに簡単にアクセスできるようになるのは素晴らしいことです」と語っています。

一方のナデラ氏も「顧客がどこでも、どんなデバイスからでもCortanaを利用できるようにすることは、我々にとって最優先事項です。
Cortanaの知識やOffice 365との統合、リマインダー機能をAlexaから利用できるようにすることは、我々が掲げるゴールへの大きなステップです」と語っています。

今回はAmazonとMicrosoftとの協業が発表されたわけですが、気になるのがGoogleやAppleのAIアシスタントへの協業拡大といえそう。
ベゾス氏とナデラ氏はともに協業拡大への前向きな意志を示しているとのことですが、New York Timesは、GoogleとAppleがそれぞれのAIアシスタントを他者との差別化に用いていることから、協業の可能性は低いとみている模様。
しかし、AmazonでAlexa部門を率いるデイビッド・リンプ氏は「私の電話番号は公開されています。
いつでも電話をかけてもらって結構。
それが実現する日が来ることを望んでいます」と語っています。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事