アップル企業へのiOS普及に向けアクセンチュアと提携

 Appleは、Accentureとの提携を通じて、「iOS」を法人に定着させる取り組みを強化する。
大手システムインテグレーターでコンサルティング企業のAccentureは、デジタル変革プロジェクトに注力している。

 iOSに関するIBMやSAPとの提携と合わせると、デジタル変革分野において技術を展開している各社とともに、Appleが法人層への事業拡大を目指しているのは明らかだ。

「iPhone 8」はどうなる?--デザイン&スペック予想
「iPhone 8」はどうなる?–デザイン&スペック予想

 AppleとAccentureの提携では、Accentureが同社のDigital Studio部門でiOS専用のプラクティスを開発する。
両社が最初に注力する分野は、顧客との関わり方とデジタル変革が中心になる。

 そうしたiOS専用のプラクティスにあたり、AccentureとAppleは世界各地のAccenture Digital Studiosに専門家を配置する。
両社が目指すのは、ツールとサービスを立ち上げることだ。
Accentureがサービスと変革の業務を担い、Appleが法人への「iPhone」と「iPad」の投入を増やすというわけだ。
専門家たちは、データ、ユーザー体験、ハードウェアとソフトウェアの設計に注力することになる。

 Appleにとって、このAccentureとの提携は、バックエンドシステムへの進出を拡大し、IBM、SAP、Cisco Systemsとの提携で培ってきたことを生かす方策でもある。
Appleはまた、モノのインターネット(IoT)に関する新サービスとiOSアプリとのデータ連携によって、IoT市場への足掛かりも得ることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事