マルチポートアダプタを内蔵したMacBook Pro用インナーケースDock Case

 USB Type-C(USB-C)ポートが1つしかないAppleの「MacBook」は、シンプルで美しい。
ただし、USB-C非対応のデバイスを接続しようとすると、逆にシンプルさが短所になる。
そのため、これまでいくつもMacBookを意識したUSBハブやマルチポートアダプタが登場したものの、せっかくの美しさが損なわれるし、MacBookとの一体感に乏しい。

 そこで今回は、「MacBook Pro」用のキャリングケースを兼ねるマルチポートアダプタ「DockCase」を紹介しよう。
現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


MacBook Pro用のキャリングケース兼マルチポートアダプタ(出典:Kickstarter)

 DockCaseは、MacBook ProのUSB-Cポートと接続することで、5種類、合計9個のインターフェイスを増設できるアクセサリ。
MacBook Proを入れられるケースと一体化しているため、必要なアダプタを忘れることなく、MacBook Proとまとめてスマートに持ち運べる。

 増設可能なインターフェイスは以下のとおり。
メモリーカード、ハードディスク、モニター、カメラ、プリンタなど多彩なデバイスが接続可能なので、ほとんどのユーザーを満足させられるだろう。

  • SDカードスロット
  • microSDカードスロット
  • USB 3.0 A(最大転送速度480Mbps)×3ポート
  • USB-C 3.1(最大転送速度5Gbps)
  • USB-C(最大出力100w)
  • HDMIビデオ出力(4K@30Hz、1080P@60Hz)
  • Ethernet(1Gbps)


5種類、合計9個のインターフェイスを増設(出典:Kickstarter)

 ケースは革製で、MacBook Proを入れて持ち歩くのにふさわしいデザイン。
接続用のUSB-Cケーブルも一緒に収められるので、ケーブルを忘れて困ることがない。


革製ケースがMacBook Proに似合う(出典:Kickstarter)


USB-Cケーブルも一緒に収められる(出典:Kickstarter)

 MacBook Proのサイズに合わせ、13インチ向けと15インチ向けの2モデル用意されている。
それぞれのサイズと重さは以下のとおり。

13インチ向け

  • サイズ:350×240×14.1mm
  • 重さ:333.5g

15インチ向け

  • サイズ:400×270×14.7mm
  • 重さ:397g


MacBook Proのサイズに合わせて2モデル(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間9月22日まで。
記事執筆時点(日本時間8月22日12時)でキャンペーン期間は30日残っているが、すでに目標金額3万ドルの2倍近い約5万4000ドルの資金を集めている。

こちらからコメントの記入が行えます

*