マック軍・東京ローストビーフバーガーとマクド軍・大阪ビーフカツバーガーを食べてみた

マック軍・東京ローストビーフバーガーとマクド軍・大阪ビーフカツバーガーを食べてみた


「マクドナルド」は全国的には「マック」と略されますが、関西圏では「マクド」と呼ばれます。
この愛称をかけて、2017年8月9日(水)からマクドナルド公式による「マック軍」と「マクド軍」によるメニュー対決がスタートしました。
すでに「」があったり「朝マック」といった呼称があって「マック」有利な気もしますが、せっかくの対決メニューだということで、食べにいってきました。

マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!しっとりリッチな東京ローストビーフバーガーVSサクッとやわらか大阪ビーフカツバーガー | キャンペーン | McDonald’s マクドナルド


マックなのか?マクドなのか? おいしさ対決!ついに対決商品の全貌が明らかに!両軍の朝マックなど応援メニューも同時に登場!「マック軍 『東京ローストビーフバーガー』」「マクド軍 『大阪ビーフカツバーガー』」勝利した暁には、バーガーのお得な“優勝セール!クーポン”を配信8月9日(水)から期間限定販売

お店の前でも「マックなのか?マクドなのか?」とアピール。


バーガー2種類、ナゲットソース2種類、フロート2種類を購入しました。


まずはメインの「東京ローストビーフバーガー」(税込440円)と「大阪ビーフカツバーガー」(税込390円)の対決。
50円の価格差があります。


「東京ローストビーフバーガー」はバゲット風のバンズを使用。


パティの上にローストビーフが3枚乗っています。


ソースは甘口、パティがノーマル仕様のために「てりやきバーガーにローストビーフトッピング」という印象。
ローストビーフも、なんというか「ハムっぽさ」が否めず、もうちょっとスペシャル感が欲しかったところ……。


「大阪ビーフカツバーガー」は、ビーフカツをサンドしている、見た目はかなりオーソドックスなバーガー。


チーズの上にはマスタードソースとレタス。


サクサク食感の衣にソースが染みこみます。
マスタードソースのマスタードは風味程度なので、辛いものが苦手な人でも大丈夫なはず。


チキンナゲットには「東京レモンバジルマヨソース」と「大阪お好みマヨソース」が加わっています。
もともとナゲットは購入時にソースを2種類選べるので、1つ買えば2つの味を比べられます。
ナゲットは5ピースで税込200円。


東京レモンバジルマヨソースは白色、大阪お好みマヨソースは茶色。


「東京レモンバジルマヨソース」はレモンとバジルの風味が爽やか。
ハンバーガーにもぜひ使ってみて欲しいソースです。


一方の「大阪お好みマヨソース」は、お好み焼きの上でソースとマヨネーズと粉カツオを混ぜたときの味がして、ナゲットがお好み焼きかたこ焼きのように思えてきます。
合っていないというわけではなく「味の印象が強烈」。


そして、左が「マックフロート 山形ラ・フランス」、右が「マックフロート 和歌山温州みかん」。
いずれも税込310円。
フロート抜きの場合は「マックフィズ」になって、税込250円。
暑い季節なので、冷たい炭酸飲料というだけでウマく感じてしまいます。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事