エストニアで無人運転バス導入 信号無視するワイルドな一面も

エストニアで無人運転バス導入、信号無視するワイルドな一面も

ロボットに変身することはありませんが、運転手なしで走行できます。

運転手のいないバスが2台、エストニアの首都タリンでしました。
大きな事故はなかったものの、サイレンを鳴らしてるパトカーに道を譲らなかったり、赤信号を無視したりと、ヒヤリとする場面が何個かあったとか…。

無人運転バスは市内のMere通りからTallinn Creative Hubまでを走ります。
現在は使われていない路面電車の跡を走るため、他の交通と接触する機会は少なく、普通の道を走るよりも安全です。
他の交通と接するのはMere通りとAhri通りの交差点だけ。
最高速度で走れば時速50から60kmほどを出すことができますが、試験段階では安全のため時速20㎞で運行しているそうです。

1 エストニアで無人運転バス導入、信号無視するワイルドな一面も

法律で責任者が乗車していなければいけないので、運転手はいませんが、係員が乗車しています。
乗客に無人運転技術の説明をしたり、緊急停止ボタンの制御をするとのことです。
無人運転バスは日曜日以外の朝8時半から夕方の5時半まで、今月いっぱい運行しています。
約10万ユーロ(約1300万円)の予算を費やして導入された無人運転バス、乗車賃はタダなんです! これは乗るしかないですよね。
とは言っても…日本からエストニアまで行くのには、10万円以上かかります。

from on .

この無人運転バスを運営するフランスのベンチャー企業はDeNAとしており、実はすでに国内でも大学のキャンパスやショッピングモールで試験導入されたことがありました。
DeNAはヤマト運輸とも手を組み、無人運転車が受取人の指定する場所に荷物を届けるサービス、「」の試験サービスも行っています!

一昔前なら、「誰も乗っていないはずの車が走っている」なんてSFにすらならない陳腐な怪談でしたよね。
今や心霊現象は日常茶飯事になろうとしています。

Photo:
Video: via , via
Source: , , ,

(瀧川丈太朗)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事