iOS 11はiPhoneが自動でつながりの悪いWi-Fiに接続することを防いでくれる

iOS 11はiPhoneが自動でつながりの悪いWi-Fiに接続することを防いでくれる

Appleが2017年6月に開発者向けに開催したの中で発表したiPhone・iPad・iPod touch向けの新しいOS「」ですが、オンにしておくと所構わず接続しにいってしまうWi-Fi機能に改良が加えられているそうです。

New In iOS 11: Auto-Join WiFi On A Per Network Basis | Redmond Pie

iOS 11 prevents your iPhone from automatically connecting to patchy Wi-Fi – The Verge


を使えば無料で無制限に使える「セブンスポット」のように、携帯各社やコンビニ、ショッピングセンター、飲食店などさまざまな場所で使用できるのがです。
これらを使えばモバイル回線の容量制限を気にせずインターネットを使うことが可能になるので、お世話になっているという人も多いはずです。
しかし、距離が離れすぎていてつながりが悪いものや、接続している人が多すぎてまともな速度が出ていないものもあります。
Wi-Fi機能をオンにしていれば意図しない接続先でも自動で接続しにいってしまうため、「妙に読み込みが遅いと思ったら知らないWi-Fiにつながっていた」といった経験がある人も少なくないはずです。

しかし、iOS 11のベータ版ではWi-Fiネットワークごとに「自動接続するかどうか」を決める機能があるため、「自宅のWi-Fiは自動接続するけど、出先でのWi-Fiは手動じゃなければ接続できない」といった使い分けが可能です。
使い方は簡単で、Wi-Fiネットワーク名の右端にある青色の「i」ボタンをタップして、「Auto-Join」をオンにしたりオフにしたりすればOK。
自宅や会社などの信頼できるネットワークでは自動接続するようにして、どこで接続するかわからないような公衆無線LANなどはオフにしておく、といった使い分けが想定されます。


さらに、接続性の悪いWi-FiネットワークはiOS 11が自動で「自動接続できないもの」と判断することも明らかになっています。
以下のツイートは開発者のライアン・ジョーンズさんによるもので、「Auto Join Disabled(自動接続不可)」と書かれていることが分かります。


つまり、多数の公衆無線LANが存在する場合、接続先の候補の中からソフトウェアが自動で接続性の悪いネットワークを除外してつながりやすいWi-Fiネットワークに接続してくれるというわけ。
さらに、Wi-Fi設定画面にある「Ask to Join Networks」という設定をオンにしておけば、Wi-Fiネットワークに接続可能になるたび、ポップアップ表示で接続するかどうかを確認させることも可能です。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事